2018年4月7日土曜日

ドライブレコーダー取り付け(その3)

KENWOODのDRV-830と、ユピテルのSN-SV70Cの大きさを比較。


DRV-830の方が流石に高さはあるものの、フロント取り付けでルームミラー裏に取り付けると隠れてしまうので気にならない。
が、SN-SV70Cをリアに熱線が写り込まないように取り付けるとコンパクトなハズなのに、かなり目立つ。(^_^;)


ルームミラーはBROADWAYのワイドミラーを付けてるせいもあって完全に隠れてしまうが、日除けプリントが写り込まないように取り付けてるので配線が長めに出てしまう。
あと、この位置だと車検ステッカーが映り込むので、次回の車検時にはもっと助手席よりに変更して貰うつもり。(^_^;)


リアは、この写真だと分かり難いけど、バッチリ撮ってますYO!って感じで存在感のアピールが凄い。(^_^;)
「ドライブレコーダー録画中」のステッカーなんか要らん感じ。(汗)


室内側から見ると、こんな感じでなんとなくマヌケな場所に付いてるように見える。(^_^;)
一応、言い訳をするとレンズはほぼセンターで熱線の映り込みは無し。
ハイマウントがあるセンターガーニッシュに貼り付けたら良かったかも知れないが、振動だとか熱線の映り込みとかはどうなんだろうか。
剥がして試して失敗した、と思うのは嫌なので、このままで良しとする。(^_^;)

で、付属のSDカードが16GBとショボいので、128GBのSDカードを発注。
SN-SV70Cは公式には32GB(2018年の新モデルなのに、それはどうなんだ?)って事だけど、LaBoon!というカー用品レビューサイトの検証で128GBまで使えてるので、それを信じる事にした。
もし使えなくても、DRV-830はダブルスロットなので、そっちで使えるし。(震え声)

あと梱包だが、KENWOODは簡易過ぎる気がする。
カメラの液晶やレンズに保護シートは無くてエアキャップの小袋に入ってるだけ。
取り付けステーはビニールの小袋、電源コードも同様で、ぶっちゃけ箱をシェイクしたら中でガチャガチャしちゃうので、それはどうなんだろうか。(^_^;)

ユピテルは、カメラは液晶やレンズに保護シートがしてあるし、箱の中でガチャガチャしないように、カメラ、ステー、電源コードと専用のプラの仕切りにキッチリと収まっていた。
個人的にはユピテルの梱包のされかたの方が好きだなぁ。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿